« 壁 | トップページ | 200万人ってすごいね~ »

ややこしくて疲れる本

※今日のそうオススメでもない図書
『世界の終わり、あるいは始まり』(歌野晶午著)
小説を買う時は、だいたい2パターン。
①好きな作家(この人の本は残らず読むべし)
②カバーの後ろに書かれているあらすじに惹かれた
で、この本は②。
最初は一気に引き込まれたんだけど、
ページが半分以上残っているのに、物語が完結しそうな勢い…
と思ったら、2転3転と、ややこしいくだりとなってきました。
な~んか疲れる…

|

« 壁 | トップページ | 200万人ってすごいね~ »

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2112/43805111

この記事へのトラックバック一覧です: ややこしくて疲れる本:

« 壁 | トップページ | 200万人ってすごいね~ »