« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

受験生を癒した日

今日はwonderful_lifeさんが遊びにやってきた。
勉強のストレスを発散してもらおうと『桃太郎電鉄USA』で盛り上がった。
pom「やめて~!」
wonderful「お金ちょうだい!足りないんだよ!」
smee「こんなにお金あっても使いきれな~い」
と三者三様のゲーム展開に、
癒された者、そうでない者・・・

pom作のお好み焼きはおいしかった。
060129_

| | コメント (1) | トラックバック (0)

なかなか溶けない

昨日の雪がまだまだ残っている。
ガリガリのカキ氷状。
060122_

| | コメント (0) | トラックバック (0)

積雪

久しぶりの積雪。
1日中降り続けた。
060121_

| | コメント (0) | トラックバック (0)

isBC新年会

丸の内『鳥どり』。
毎回同じ内容で盛り上がれる不思議な仲間達。
とりあえず今年の活動第1弾、2月18日のわかさぎ釣り(山中湖)決定。
060120_

| | コメント (0) | トラックバック (0)

触発されて

ちょっと私も三線に挑戦してみた。
『むすんでひらいて』マスター(ってことにしとこう)
三線の楽譜(工工四・くんくんしーと読む)は
ドレミファソラシドではなくて、
合乙老四上中尺工と書かれている。しかも縦書き。

なんか、マイ三線が欲しくなってきたぞ・・・

| | コメント (1) | トラックバック (0)

御手洗潔

※今日のそうオススメでもない図書
『セント・ニコラスの、ダイヤモンドの靴』(島田荘司著)
昔から薀蓄(うんちく)を語る探偵が出てくる推理小説が大好き。
だいたいその探偵は鼻持ちならない。
久しぶりに読んだ御手洗潔もやっぱり感じ悪い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『THE有頂天ホテル』

14日のレイトショーにて。
出演者が豪華。
ホクロがなかったらオダギリジョーって気づかなかったかも。
大爆笑とまではいかないかもしれないけど、
クスッとたくさん笑えた。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

何をしていたかと思えば・・・

(^-^;

今日は職場で歓送迎会があった。
帰るコールをして、「今何してるの?」と聞いてみると、
何やらうろたえている様子。
家に帰って見てみると・・・
なんと彼は、

三線を弾いていた。(こっそり購入)

何か弾いてみて、と言ってみたら、
「む~す~ん~で~ひ~ら~い~↑」だって(^m^)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

楽しい3連休@焼額

1月7~9日、長野県志賀高原焼額山。
スノボに挑戦。
実はザウスで2回くらいやったことがあるだけで、
今回がゲレンデデビュー。
3日間の特訓でトリノ五輪に間に合うかと思ったが、
やっぱりそうは問屋が卸さなかった・・・(←当然)
最初の2日間は寒波の影響で大雪。
行く先が真っ白でまったく見えないくらいだったが、
最終日はこれ以上ない程の晴天!
こんなキレイな景色を見ながらの華麗な滑り(のつもり)
本当に楽しい3日間でした!

・・・体中が痛い(;_;)
060108_
060108_
060109_
060109_

| | コメント (3) | トラックバック (0)

遠近感失う・・・

昼休みのコンビニでコンタクトレンズを片方落としてしまった・・・
コンタクト装着で1.20くらい、裸眼で0.05くらい。
遠近感がおかしくなってしまい、どうにも困った。
裸眼だと、20cmくらいまで近づかないとパソコンが見えないし、
そのうち肩が凝りだすし・・・
結局、両方裸眼にしてなんとか乗り切った。

今日の教訓!
メガネまたはスペアのコンタクトを携帯するべし!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仕事始め

短かったね、冬休み。
また1年がんばりましょっ!

※今日のオススメ図書
『ペギー・スーⅲ 幸福を運ぶ魔法の蝶』
やっと読み終えた。
ナルニアよりもこっちの方が映画になってほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初詣

富岡八幡宮にて。
今年も、健康で家内安全で爆釣でありますように!
毎年おなじみのキティちゃんお守り。
今年も一年お守り下さい・・・
060103_

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今年の目標

新しい年になった。
いろいろ挑戦したいことがあるが、
それらを実現するために、
今年の第一目標は「若返り」としよう!
気力・体力・知力ともにアンチエイジングでがんばりたい。
・・・っていってる時点で年寄りか!?
060101_
※年末に買った桜が元旦の今日ちゃんと開花!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »